HOME > 慰謝料の種類・類型 > 弁護士のミス(弁護過誤)に関する慰謝料・損害賠償の請求について

弁護士のミス(弁護過誤)に関する慰謝料・損害賠償の請求について

弁護過誤とは、弁護士が職務上の注意義務を怠り、依頼者に損害を与えた場合のことをいいます。

弁護士は、法律家であり、特別な独占業務を認められた国家資格者であります。
弁護士に限りませんが、専門性を有するプロには、一般人とは違い、極めて高度な注意義務が課せられています。

弁護士が依頼者に損害を与えた場合には損害賠償義務を負います。

また、併せて、所属する弁護士会へ懲戒処分を求めて「懲戒請求」の申立をすることも出来ます。

弁護過誤の典型として代表的なものに「期限徒過」があります。
控訴や上告、抗告などの期限を徒過してしまって却下されたり、消滅時効や各種届出の期間を過ぎてしまって権利行使が出来なくなったり、ということです。

その他には、口頭弁論期日不出頭で弁論終結してしまったり、不利な証拠を相手方に開示してしまったり、調査や報告・事務処理の任務懈怠、守秘義務違反、等があります。

上訴(控訴や上告)期間徒過の弁護過誤における損害賠償の項目には以下のようなものがあります。

弁護士費用(着手金)を支払っている場合には、その着手金
※依頼者に重大な過失がない限りは全額です
上訴によって勝訴見込みがある場合には、その割合部分の損害賠償額
※勝訴見込みの認定が極めて難しいという問題はあります。
上訴の機会を奪われたことに対する慰謝料
※おおむね0万〜30万程度の認定事例が多いようですが、事案によって大きく異なる場合もあります。

もっとも、これらの被害を受けた場合、弁護士に対する弁護過誤の損害賠償請求や懲戒請求などをしたいとしても、なかなか法律のプロを相手に個人で争うのは難しいものがあります。
しかし、これらの事件を受任して対応くれる弁護士というのは極めて少ないのが現実だと思います。

弁護士という職業への過信から、逆にクレーマーや危険人物扱いされてしまう可能性もありますし、もしも受任して期待通りの結果が得られなかった場合に逆恨みされて自分に火の粉が降りかかるおそれがあるのではないかと躊躇されることもあるからです。

ましてや、逆に業務妨害や名誉毀損などで訴えられるおそれもありますので、十分にご注意ください。
弊事務所においては、希望に応じて対応可能な弁護士を紹介させていただいております。

以上、よろしくお願い申し上げます。


慰謝料請求jp サイト内メニュー

慰謝料の種類・類型 不倫・婚約破棄・セクハラ・傷害など、慰謝料の主たる種類・類型に関しての詳細説明・個別解説。
慰謝料の基礎知識 慰謝料とは何か、慰謝料の相場・算定方法、判例、請求方法、等の基礎知識。
雛形・文例 慰謝料請求に関して必要となる一般的な文書(内容証明・示談書・告訴状)などの雛形サンプル。
事務所概要 当事務所の概要、アクセス方法、および、代表者ご挨拶